図画工作・美術なんでも展覧会

| HOME | 資料室 | 図画工作・美術なんでも展覧会 |

更新日 2015-07-05 | 作成日 2007-10-03

P1130858.JPG図画工作・美術なんでも展覧会(埼玉県/うらわ美術館)

 2007年全国の美術教育関係者有志の手によって、埼玉県うらわ美術館で「図画工作・美術なんでも展覧会」が開催されました。
 このとき、使用した展示パネルの一部を貸し出しし「移動展」として対応できるようになっています。
 2007年11月全国造形教育研究大会熊本大会で、はじめての「移動展」が開催されました。
 そして、今回の全道大会でも「移動展」を企画いたしました。

「図画工作・美術なんでも展覧会」移動展

とびら.jpg
1章.jpg
2章.jpg
3章.jpg



b0068572_1803789.jpg「美育文化」誌で「図画工作・美術なんでも展覧会」の授業実践パネル32実践が紹介されました。
次のような言葉とともに紹介されています。

「去る3月14日(水)から18日(日)まで、さいたま市の「うらわ美術館」で『図工・美術教育 なんでも展覧会』が開催された。
 これは子どもの作品展示を目的にした作品展ではなく、美術教育の現状と歴史を紹介し、美術館の鑑賞教育や地域のアートイベントに拡張している美術の意味を問うという社会的目的をもった企画だった。

 そして、この展覧会で中核となったのは、メーリングリストの呼び掛けに応じて、全国の実践家から寄せられた「私の実践」であった。
 ここには「拡張する美術」に対して鋭敏に、そして確実に応えようとする図工・美術教師の姿があった。教育を変え得るもの、それは政治家の独断や財界人の思いつきではない。現場に広がっていく実践こそがそれをなしうる。」

LinkIcon「美育文化」

埼玉県立.jpg
うらわ.jpg
東京国立近代.美術館.美術館.JPG

2章題材紹介佐藤-29.jpg
2章題材紹介-わら.jpg
2章題材紹介-30森實.jpg
2章題材紹介思い出の形-22.jpg
2章題材紹介山崎-7.jpg